STINGER HOME / F1 DATA 2014 | GP / ドイツGP / ホッケンハイムリンク

F1 DATA

F1のレース結果やポイントランキング、ドライバー情報を紹介/2014


ドイツGP:ホッケンハイムリンク

ホッケンハイムリンク サーキット画像

グランプリ ドイツGP 初開催 1970年(ドイツGP自体は1951年から)
決勝開催日 7月20日 開催回数 2014年は61回目(この会場では34回目)
開催地 ドイツ- ホッケンハイム ラップレコード 1:13.780 - K.ライコネン+マクラーレン(2004)
サーキット ホッケンハイムリンク 前回のポール F.アロンソ+フェラーリ
全長 4.574 km 前回の予選最速 1:37.365 - L.ハミルトン+マクラーレン
周回数 67 前回のウィナー F.アロンソ+フェラーリ
レース距離 306.458 km 前回の決勝最速 1:18.725 - M.シューマッハ+メルセデス

◆鬱蒼とした森に囲まれた高速コース。去年のドイツGPのニュルブルクリンクもオールドコースとはまるでベツモノの近代的サーキットとしてF1GPを迎えた。ホッケンハイムもイメージを、近代F1への移行と共に変化さぜるを得なかった。森の中の高速部分は閉鎖され、スタジアム・セクションだけのテクニカルなレイアウトに生まれ変わった。

◆旧コースの改修を手がけたのは、近代サーキットの名工と呼ばれるヘルマン・ティルケ。旧コースのスタジアム・セクションを残し、最小限の費用で安全性と観客が楽しめるサーキットに生まれ変わらせた。ちなみに、ティルケが手がけた改修コースとして、他に、スペインGPのカタルーニャ・サーキットや、富士スピードウェイが知られている。

◆1967年のF2レースでジム・クラークが命を落とし、1982年のドイツGPでは、ジル・ヴィルヌーブのライバルだったディディエ・ピローニを引退に追い込む大きなアクシデントを起こしたサーキットは、H.ティルケによる改修で安全なコースに生まれ変わったが、スペクタクルな高速サーキットの魅力を惜しむ声もある。

◆ドイツGPはニュルブルクリンクとホッケンハイムリンクでの隔年開催のため、前回、ホッケンハイムリンクでおこなわれたドイツGPは2012年7月。

STINGER HOME / F1 DATA 2014 | GP / ドイツGP / ホッケンハイムリンク

STINGER MAGAZINE

マイ・ワンダフル・サーキット

PARTNER

KENWOOD

ENKEI WHEELS

鈴鹿サーキット

BRIDGESTONE

RAYS WHEELS