STINGER HOME / F1 DATA 2014 | GP / マレーシアGP / セパン・インターナショナル・サーキット

F1 DATA

F1のレース結果やポイントランキング、ドライバー情報を紹介/2014


マレーシアGP:セパン・インターナショナル・サーキット

セパン・インターナショナル・サーキット サーキット画像

グランプリ マレーシアGP 初開催 1999年
決勝開催日 3月30日 開催回数 2014年は16回目
開催地 マレーシア - クアラルンプール ラップレコード 1:34.223 - J.P.モントーヤ+ウィリアムズ (2004年)
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット 前回のポール S.フェッテル+レッドブル
全長 5.543 km 前回の予選最速 1:36.190 - N.ロズベルグ+メルセデス
周回数 56 前回のウィナー S.フェッテル+レッドブル
レース距離 310.408 km 前回の決勝最速 1:39.199 - S.ペレス+マクラーレン

◆まるで金属製の怪鳥が未来に飛翔するかのようなイメージ。クアラルンプール国際空港から見えるセパン・インターナショナル・サーキットは、マハティール首相(当時)が、ハイテク時代の象徴としてのF1を呼ぶために作られた。

◆初回開催は、マハティール首相(当時)が参列のパーティーで、シャリー・ベッシーが"007のテーマ"を熱唱。

◆セパン・インターナショナル・サーキットは、「情報の高速時代」に向かう国家的メッセージとして誕生。

◆クアラルンプール市内からKLエクスプレス(マレーシア版成田エクスプレス)で28分の、空港からクルマで10分。

◆"熱帯魚の気分になる"高温多湿の灼熱地獄と突然のシャワーが名物。

◆その突然のシャワーで中断されることの多いマレーシアGPだが、2012年もやはり雨で、51分間も赤旗中断し、14周目に再スタートになった。

◆2012年のスケジュール開始日の金曜夜、ロータスのホスピタリティ・ブースにあった冷蔵庫の不具合が原因で、火災が発生。キッチン周りを始め、被害が出たもののけが人はなく、レースへの影響も出なかった。

◆2009年に雨で中断になったとき、そのクールなイメージから"アイスマン"と呼ばれるライコネンが、フェラーリのガレージに戻ってアイスを食べていた姿が国際放送で映し出された。同年に一度F1を去ったものの、2012年に復帰したライコネンは、今度はマレーシアGPのプレスセンターに集まったメディアに向けて、「ライコネンからのプレゼント」と書かれたロータスの公式プレスリリースを添えて、アイスクリームをプレゼントした。

◆2013年はレッドブルのマーク・ウェバーが勝つはずのレースだった。チームの指示を無視して優勝したセバスチャン・フェッテルに向かってウェバーはレース後、"マルチ21"という言葉を発する。これは、ナンバー2をつけるウェバーが先頭、ナンバー1をつけるフェッテルがそのうしろに着く、という意味のコードで、チームはウェバーを勝たせるつもりだった。

STINGER HOME / F1 DATA 2014 | GP / マレーシアGP / セパン・インターナショナル・サーキット

STINGER MAGAZINE

マイ・ワンダフル・サーキット

PARTNER

KENWOOD

ENKEI WHEELS

鈴鹿サーキット

BRIDGESTONE

RAYS WHEELS