STINGER HOME / F1 DATA 2014 | GP / ロシアGP / ソチ・アウトドロモ

F1 DATA

F1のレース結果やポイントランキング、ドライバー情報を紹介/2014


ロシアGP:ソチ・アウトドロモ

ソチ・アウトドロモ サーキット画像

グランプリ ロシアGP 初開催 2014年
決勝開催日 10月12日 開催回数 2014年は1回目
開催地 ロシア - ソチ ラップレコード -
サーキット ソチ・アウトドロモ 前回のポール -
全長 5.853 km 前回の予選最速 -
周回数 未定 前回のウィナー -
レース距離 - km 前回の決勝最速 -

◆ソチといえば、2014年の2月におこなわれた、第22回冬季オリンピック。そのオリンピックの会場となったソチ・オリンピック・パーク内に作られたのが、ソチ・アウトドロモだ。サーキットは、フィギュア・スケート会場、アイスホッケー会場、スピード・スケート会場の周りをぐるりと回るレイアウトになっている。

◆デザイナーは、近代サーキット・デザイナーとしておなじみのヘルマン・ティルケ。

◆コーナー数19、全長5.853kmのサーキットは、F1のカレンダーではベルギーのスパ・フランコルシャン(7.004 km)、イギリスのシルバーストン(5.891 km)に次いで、3番目の長さを誇る。

◆インフィニティ・レッドブル・レーシングのセバスチャン・フェッテルは、2013年の4月に走行を済ませているが、このときはインフィニティのロードカーだった。F1のマシンでの走行経験があるのは、ザウバー・F1・チームの今年のレギュラー・ドライバー候補だった、ロシア出身のセルゲイ・シロトキンが最初。このときは、ザウバー・チームが2012年を闘った「C31」が使用された。

◆サーキットの名前はソチ・オリンピック・パーク・サーキットとして知られていたが、正式名称はソチ・アウトドロモに変更された。

STINGER HOME / F1 DATA 2014 | GP / ロシアGP / ソチ・アウトドロモ

STINGER MAGAZINE

マイ・ワンダフル・サーキット

PARTNER

KENWOOD

ENKEI WHEELS

鈴鹿サーキット

BRIDGESTONE

RAYS WHEELS