STINGER HOME / F1 DATA 2014 | GP / アメリカGP / サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

F1 DATA

F1のレース結果やポイントランキング、ドライバー情報を紹介/2014


アメリカGP:サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

サーキット・オブ・ジ・アメリカズ サーキット画像

グランプリ アメリカGP 初開催 2012年(アメリカGP自体の初開催は1959年)
決勝開催日 11月2日 開催回数 2014年は36回目(現在の会場では3回目)
開催地 アメリカ - オースティン ラップレコード 1:39.347 - S.フェッテル+レッドブル(2012年)
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ 前回のポール S.フェッテル+レッドブル
全長 5.513 km 前回の予選最速 1:36.338 - S.フェッテル+レッドブル
周回数 56 前回のウィナー S.フェッテル+レッドブル
レース距離 308.405 km 前回の決勝最速 1:39.856 - S.フェッテル+レッドブル

◆2007年を最後に開催が中止になっていたアメリカGPが、2012年に復活!

◆サーキットのデザインは、近代F1サーキットのデザイナーとして知られるヘルマン・ティルケが担当。

◆2011年の6月に、FIA(国際自動車連盟)が発表した2012年の暫定カレンダーには、カナダGPの翌週の6月17に決勝開催が予定されていた。

◆契約の問題で2012年の開催が危ぶまれていたものの、最終戦のブラジルGPの前週の11月18日に、無事に決勝が開催されることになった。

◆昨年まで開催されていたインドに似た、地形の高低差を活かしたレイアウトは、開催1年目からドライバー達から高い評価を受けた。

◆トップ3がいつもポディウムでかぶるピレリのキャップが、開催地のテキサスにちなんでスペシャル仕様のテンガロン・ハットになった。

◆昨年開催予定だった、ニュージャージーのもう一つのアメリカGPはキャンセルに。2014年開催を目指してたが、こちらも断念。計画が頓挫したわけではなく、現在は2015年の開催を目指している。

STINGER HOME / F1 DATA 2014 | GP / アメリカGP / サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

STINGER MAGAZINE

マイ・ワンダフル・サーキット

PARTNER

KENWOOD

ENKEI WHEELS

鈴鹿サーキット

BRIDGESTONE

RAYS WHEELS