STINGER HOME / F1 NEWS / STINGER レーシングナビ / 鈴鹿サーキット / 大湯都史樹と笹原右京がスカラシップ獲得--2016年度鈴鹿サーキットSRS

2016年11月19日

大湯都史樹と笹原右京がスカラシップ獲得--2016年度鈴鹿サーキットSRS

スカラシップ-1.jpg
中嶋悟好調を挟んで、大湯都史樹(左)と笹原右京

11月16日(水)に鈴鹿サーキット国際レーシングコースで2016年度SRS‐Formula(鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラ)のスカラシップ選考会が行われ、FIA-F4参戦中の大湯都史樹が首席、フォーミュラ・ルノーなどでおなじみの笹原右京が次席で2016年度のスカラシップを獲得した。

16日の最終選考会は、候補生4名とSRS-Formula出身の現役レーシングドライバー陣を加え、10台による12周の走行が2ヒート行われ、これまでの選考会での成績を加味した結果で選定された。

スカラシップを獲得した2名は、Hondaの育成ドライバープログラムHFDP(Honda・フォーミュラドリーム・プロジェクト)の一員として、2017年度からのレース参戦が予定される。

これまで、1995年の伊藤大輔を筆頭に、佐藤琢磨、松田次生、山本左近、松下信治など20名のドライバーがスカラシップを受けている。

首席の大湯都史樹(北海道札幌出身18歳)は、 「今日はスタートでミスもあって悔いの残る走行になりましたが、スカラシップを獲得できて、来年からHFDPの一員としてレースに参戦できるのは誇りです。これを機にステップアップして行きたいです」とコメント。

次席の笹原右京(群馬県沼田出身20歳)は、「今年はSRSに集中しました。首席でなかったのは残念ですが、スカラシップを獲れてほっとしています。来年はHFDPとして活動することになり、Hondaの看板を身につける訳ですから、まずは気を引きしめて日本で結果を出したいと思います。全力で挑みます」と語った。

スカラシップ-2.jpg

Facebookアカウントでコメント

STINGER HOME / F1 NEWS / STINGER レーシングナビ / 鈴鹿サーキット / 大湯都史樹と笹原右京がスカラシップ獲得--2016年度鈴鹿サーキットSRS