STINGER HOME / F1 NEWS / STINGER レーシングナビ / F2(GP2) / GP2あらためF2テストで松下信治まずまず

2017年3月31日

GP2あらためF2テストで松下信治まずまず

MALC9111.4044647.jpg
順調にプログラムをこなした松下信治。3年目のGP2に期待がかかる。

バーレーンのザヒール・サーキットで行なわれたF2のテストで、ニック・デ・ブリーズ(ラパックス)が最終日のトップタイムをマークした。日本の松下信治(ART)は3番手とまずまずの出足を見せた。

GP2が突然、F2に名称変更を行なったシリーズは、未だにホームページがGP2のままという混乱ぶりだが、それには無関係でテストは行なわれ、僅差のタイムが、熱戦を予感させている。

松下信治は、ホンダ・エンジンを搭載するサテライトチームが誕生すれば最もそのシートに近いところにいるとされているが、F1に昇進するためにはスーパーライセンスが必要で、そのためにはGP2チャンピオンであることが必須となる。

シリーズの開幕戦は、4月16日に決勝レースを行なうバーレーンGPとの並催で、4月15日のレース1と16日のレース2で幕を開け、その後、F1GPのサポートレースとして、最終戦のアブダビまで、11大会22レースで争われる。

◆F2合同テストトップ10
 1. ニック・デ・ブリーズ ラパックス 1分40秒583
 2. O.ローランド ダムス 1分40秒590
 3. 松下信治 ART 1分40秒618
 4. N.ラティフィ ダムス 1分40秒679
 5. A.フッコ プレマ 1分40秒780
 6. A.アルボン ART 1分40秒844
 7. C.レダーク プレマ 1分40秒916
 8. N.ナトー アルデン 1分41秒180
 9. S. ジャラエル アルデン 1分41秒181
10. A.マルケロフ ロシアン・タイム 1分41秒197

photo by GP2

Facebookアカウントでコメント

STINGER HOME / F1 NEWS / STINGER レーシングナビ / F2(GP2) / GP2あらためF2テストで松下信治まずまず