STINGER HOME / F1 NEWS / STINGER レーシングナビ / インディ / 「ポジティブ&プロダクティブ」--アロンソ、インディフリー走行2日目のコメント

2017年5月17日

「ポジティブ&プロダクティブ」--アロンソ、インディフリー走行2日目のコメント

16C_9920-1.jpg
柔和な表情でインディを楽しむフェルナンド・アロンソ。



インディ500のプラクティス-デイ2で117周をこなしたフェルナンド・アロンソ。アンドレッティ・モータースポーツのチームメイトと"集団走行"を行ない、上気した顔で「充実」をコメントした。

「チームの仲間と"グループランニング"ができて、すべてがポジティブ&プロダクティブだった。たくさんのことを学んだ」

アンドレッティ、ハンターレイ、ロッシ、そして佐藤琢磨と集団走行をし、ポジションを変えながら、主に空気の影響を確認した。

「チームメイトとお互いを学ぶことができた。チームのメンバーは、全員が協力的だったよ。今日の経験は有用で建設的。データもたくさん取れて、ビデオを観た。ラップごとに吸収して、トラフィックも学べた」

ポジションをチームメイトの4台と入れ換えながらのグループランニングは、まるでイルカの群れが戯れているようなアットホームなイメージだった。ヨーロッパからやってきたアロンソを、アメリカの先輩たちは、暖かく迎え、そして協力的に仲間入りを歓迎した。

プサクティスデイは19日まで毎日6時間が行なわれ、その後も、予選を挟んでたっぷりと走行できる。フェルナンド・アロンソに限らず、ルーキーたちにも公平にチャンスが与えられるアメリカ的なシチュエーション。もちろん、レースがスタートしたら、あとは個人の闘いになる。

[STINGER]山口正己
photo by Indycar.com

Facebookアカウントでコメント

STINGER HOME / F1 NEWS / STINGER レーシングナビ / インディ / 「ポジティブ&プロダクティブ」--アロンソ、インディフリー走行2日目のコメント