STINGER HOME / F1 NEWS / STINGER レーシングナビ / スーパーフォーミュラ / 国本雄資完璧!! 関口vsヴァンドーンのスーパーバトル!!--スーパーフォーミュラ最終戦レース1

2016年10月30日

国本雄資完璧!! 関口vsヴァンドーンのスーパーバトル!!--スーパーフォーミュラ最終戦レース1

q002.jpg
素晴しい集中力でレース1を制した国本雄資。


スーパーフォーミュラ最終戦のレース1が三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで行なわれ、2番手グリッドからスタートした国本雄資がダッシュを決めて1コーナーでトップに立ち、集中しきった安定したペースで19周のスプリントレースを制覇した。

国本雄資はこの優勝でポイントを31.5に伸ばし、ポイントリーダーの関口雄飛を逆転して午後のレース2を待つことになった。

13番手からスタートした関口雄飛は、果敢な走りで9番手までポジションを上げ、前を行くS.ヴァンドーンの背後を狙ったが、S.ヴァンドーンの実に巧みできれいなブロックラインの前に追い越しできないまま、これ以上ない文字通りのテールtoノーズの接近戦を展開してスタンドの視線を釘付けにした。

緊迫した状況の中で関口雄飛は、満を持したシケインで追い越しを試みたが果たせず。立ち上がりでS.ヴァンドーンのテールを突つく形でS.ヴァンドーンがスピン。関口雄飛はポイント獲得圏内の8番手でゴールしたが、審議の結果ペナルティが課せられ、タイトルから遠のいた。

ぶつかるのは御法度。だが、S.ヴァンドーンと関口雄飛のバトルは、観客を魅了する見応えあるものとしてレース1のハイライトとなった。

タイヤ交換1回が義務づけられる35周のレース2は、14時45分にスタートする。レース1が19周の超スプリントだったのに対して、レース2は35周。新たな展開が期待されている。

 1. 国本雄資 T
 2. A.ロッテラー T
 3. 石浦宏明 T
 4. 野尻智紀 H
 5. 中嶋一貴 T
 6. B.バゲット H
 7. 小暮卓史 H
 8. 関口雄飛 T
※以上、ポイント圏内
 9. J.P.DE.オリベイラ T
10. 小林可夢偉 T
※8位関口雄飛はペナルティ確定だが、内容未定。

photo by JRP

Facebookアカウントでコメント

STINGER HOME / F1 NEWS / STINGER レーシングナビ / スーパーフォーミュラ / 国本雄資完璧!! 関口vsヴァンドーンのスーパーバトル!!--スーパーフォーミュラ最終戦レース1