STINGER HOME / F1 NEWS / STINGER レーシングナビ / スーパーGT / / / 牧野任祐、大抜擢でGT500史上最年少デビュー!!

2016年9月16日

牧野任祐、大抜擢でGT500史上最年少デビュー!!

c160915.jpg

昨年、話題騒然の中で華々しくスタートしたFIA-F4で、最後まで坪井翔とタイトルを争って最終戦で惜しくも2位に破れたが、名勝負として歴史に名を残した牧野任祐が、ホンダ・ワークスから大抜擢され、スーパーGTのGT500クラスを闘うDrago Modulo Honda Racingのドライバーとして、NSX CONCEPT-GTのシートを与えられた。

ドラゴ・モデューロ・ホンダ・レーシング(監督:道上 龍)は、武藤英紀のパートナーであるオリバー・ターベイが、2016-2017フォーミュラEに参戦することになり、牧野に白羽の矢が立ったもの。牧野は、10月9日決勝の第7戦タイと、11月12日・13日決勝の第3戦/第8戦のダブルヘッダーのもてぎ戦に参戦する。

牧野選手は、Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)の出身で、2015年に鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)のスカラシップを獲得、2016年は全日本F3選手権に参戦しているが、今シーズンは、F3にステップアップするとともに、由良拓也監督率いるシンティアム・アップル・ロータス(ロータス・エボーラ)でスーパーGTのGT300クラスにも参戦、第5戦鈴鹿1000kmでは、コースレコードを記録する腕前を披露している。

牧野任祐は、「国内モータースポーツのトップカテゴリーのGT500で戦えることをとても嬉しい。今は少しでも早くマシンをドライブしたい気持ちで一杯です。レベルの高いライバルに囲まれ、自分にとってはとても大きな挑戦になりますが、道上監督やパートナーの武藤選手など、経験豊富な方々のアドバイスをよく聞きながら、自分の強みである冷静な走りを皆さんにお見せできるよう、全力でチャレンジしていきます」と抱負を語った。

また、牧野を預かる道上龍監督は、「ターベイとは、チーム立ち上げ時から戦ってきたが、Formula Eに専念したいという本人の意向を受け、牧野にステアリングを託すことになりました。牧野を採用したのは彼が、Honda育成プログラム出身の若いドライバーであり、F3やF4などでの活躍や、今年のSUPER GT第5戦鈴鹿ラウンド GT300クラスで見せた素晴らしい走りを考慮し畳めです。牧野選手にとっては初めての舞台になりますが、若手らしくアグレッシブな走りを見せてほしいと思います」と期待を寄せている。

牧野任祐(まきの ただすけ)は、1997年6月28日生まれ19歳。史上最年少のスーパーGTのワークスドライバーとなる。

photo by Honda

Facebookアカウントでコメント

STINGER HOME / F1 NEWS / STINGER レーシングナビ / スーパーGT / / / 牧野任祐、大抜擢でGT500史上最年少デビュー!!